健康管理 健康増進 健康維持 病気 ビタミン ミネラル アミノ酸 ダイエット

健康管理増進室

健康管理増進室トップへ

有酸素運動



◎有酸素運動とは

有酸素運動とは、息切れをするような激しい運動ではなく、少し呼吸が弾むくらいの運動です。
体内の糖質や脂肪を燃焼させるためには、酸素が必要です。
有酸素運動は、酸素を常に体内に取り入れ、常に筋肉へ十分な酸素が行き渡っている状態で行う運動です。


◎有酸素運動の仕方

有酸素運動は、一定のリズムで心拍数を安定させ、1回の運動を20分以上継続して行うことが大事です。
これは、体脂肪が燃焼され始めるのは、運動を始めてから20分を過ぎた頃からと言われているからです。
ですから、20分以上の有酸素運動を実践して、糖質や脂肪をたっぷりと燃焼させましょう。


◎有酸素運動をすると?

有酸素運動をすることで、筋肉がつきます。
私達の筋肉は、活動を維持するためにカロリーをたくさん消費しています。
筋肉が増えることで体内の消費カロリー(基礎代謝)が増してダイエットの効果も期待できますし、
体内に十分な酸素を取り入れるため、リラックスの効果や運動によるストレス発散にも効果的です。

◎有酸素運動で健康増進

運動と基礎代謝向上によって体脂肪が燃焼されます。
また、血液中の余分な中性脂肪が燃焼されるので、血液サラサラ効果が期待でき、 動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防にも役立つと考えられます。


◎無酸素運動とは?

有酸素運動とは逆に、体内に十分な酸素が供給されない状態で行う運動を、無酸素運動と言います。
これは、息切れを起こすような激しい運動のことで、瞬発的に力を使うため体内の酸素を一気に消費してしまい、 脂肪が燃焼されにくい運動です。
例えば、短距離走などが無酸素運動に当たります。
ただし、瞬発的な力を要する運動であるため、筋肉を付けるためには効果的です。

このページのトップへ戻る │ 健康管理増進室のトップへ戻る